ジャスミンについて

ジャスミンという花の精油について

ジャスミンとは

a1150_000993

 

ジャスミンは、東南アジアを中心に人気の高いモクセイ科の植物です。中国、インド、中東から地中海まで知られている花で、かつてはクレオパトラが愛した香りなのだそうです。モクセイ科の植物であるキンモクセイと似た強い香りが有名です。この強い香りは男性を惹きつける作用を持つはたらきがあるとされ、一般的には媚薬として使ってきた地域が多いです。

 

また、深い眠りを誘う香りでもあるので緊張している時にリラックス効果を得たい時にも使われます。そして、紅茶などの料理にも使われてきたりと幅広く現代では使われています。この花の特徴は、白い星形の花で香りがとても濃厚だということ。夜に香りを放ちながら咲くので、夜に収穫することでも有名です。アロマオイルも他と比べて非常に高価な商品で、ですが、濃い香りは希釈しても変わらないためホホバオイルなどと希釈された商品が販売されていたりもします。
アロマの効果も長時間持つので、最初は希釈された商品か自分で薄めたオイルを使ってみるのがいいでしょう。香りの効果は自信がない時や落ち込んだ時に使うことで気分を高めてくれる作用を持ち、高級なオイルではあるものの日本だけでなく世界でも人気の高いオイルです。