ジャスミンについて

ジャスミンという花の精油について

使用上の注意点 使用上の注意点 はコメントを受け付けていません。

このオイルは媚薬としても有名なアロマオイルです。女性がつけると男性を惹きつける力を持つオイルとしても有名で、高級な商品ですが少量でもしっかり香りがするのでその価値はあります。使用するには、アロマオイルの原液、原液をホホバオイルで希釈したものの2つに分けられます。値段はそれぞれで全然違うのですが、希釈濃度によってどちらがお得なのかを計算して購入してみるのがいいかもしれません。もしホホバオイルがあれば、原液を自分で希釈することもできるので値段を計算しながら比較してみてください。
少量でも香りが強くするので、臭いに敏感な妊娠中は薄くして使うのがおすすめです。アロマオイルの原液も妊娠中は直接香りを嗅がないように注意しましょう。薄い濃度で試してみて、香りに慣れてきたら少しずつ濃くして使っていくのもいいかもしれません。この香りは自信がない時にも使うと前向きになれる香りと有名なので、疲労感を感じて無感動の時に使ってみるとやる気や集中力を呼び起こしてくれるといいます。高濃度のものは値段も高いのですが、少量でしっかり香り立ちがします。香りも持続力が高いので、濃度を薄くして少しずつ使っていくのがおすすめです。

購入時の注意点 購入時の注意点 はコメントを受け付けていません。

エッセンシャルオイルを購入するときには、値段にも気を付けるようにしましょう。
まず、手に入れたいとき、値段が安いものですと負担がありませんので、できるだけ安いものを選んでしまいがちです。
ただ、安いものの場合、品質が悪かったり、不純物が含まれている可能性が高くなってくるのです。
基本的に品質の良いエッセンシャルオイルの場合、その分値段も高価になってきます。
値段が高いものであれば、肌へも安心して使用することができますし、十分な効果も期待することができるのです。
どうしても高価なものを手に入れられないときには、少量のものを選んでみるとよいでしょう。
少量であれば、高価なものであってもその分値段も安くなってきますので、金銭的な部分を気にすることなく選ぶことができます。
また少ない量のものであれば、その分管理も安易になってきます。
大容量のものですと、すべて使い切るまでに湿度や温度の管理を行う必要がありますし、期限を気にしながら使用しなければなりません。
その点少ない量であれば、すぐに使い切ることができますので、温度などの管理を行う手間もなくなってくるのです。
エッセンシャルオイルを手に入れる時には、この点に注意してみるとよいでしょう。

ジャスモン酸メチル系の香料について ジャスモン酸メチル系の香料について はコメントを受け付けていません。

この成分は安価なものも販売されているのですが、値段が安いものですと、ジャスモン酸メチル系の香料を使用している可能性が高くなってきます。
成分を抽出するためには、花から抽出するのが基本なのですが、この抽出方法の場合その分多くの手間がかかってくるため、値段も高価になってしまいます。
逆に言えば、高価なものであれば、本物の花から抽出されていることを表していますので、安心して購入することもできるのです。
一方値段が安いものの場合、化学成分を合成し作られていますので、その分値段も安くなってきます。
合成の香料の場合、日常使いに利用したい方には適しているのですが、本格的な香りを楽しみたいという方には向きません。
また、香りから得られる心身への効果を期待される方も、十分な効果を期待することは難しくなってくるでしょう。
香りや効果にこだわりのある方は、合成されたものであるのか天然のものなのか必ず確認する必要があります。
この点でも、あまりにも安価すぎる商品を選ばないようにしたり、自然な香りであるのか自分自身でチェックすることは大切になってきます。
この成分を購入するときには、まず合成された香りであるのかは確認するようにしましょう。

オススメのエッセンシャルオイルのブレンドについて オススメのエッセンシャルオイルのブレンドについて はコメントを受け付けていません。

媚薬として使われてきたオイルで、香りはフローラルで嫌みのない香りが特徴のこの香り。媚薬としても使われてきた香りなので、比較的どんな香りとも相性はいいです。そのため、ブレンドするなら違う種類と合わせてもいいのですが、媚薬としてより効果的な香りにしたいなら同じフローラルでも似たような香りを合わせるといいかもしれません。
おすすめなのはローズオットーやローズウッドといったローズ系の香りで、ローズは似たようなフローラル系ではあるものの、違いもあるので重ねることで奥深さを演出させることができます。一言で言うと甘い香りで女性が好きな香りです。特にローズオットーは強い香りなので、女性らしい香りが好きな人にはおすすめです。
注意点は、どちらのオイルも原液はとても濃いので、他のオイルと希釈するなどして薄めてから使うこと。ローズオットーにしても、香りが強いのでそのまま使うと、周囲から香り立ちがキツいと思われてしまうことがあります。ほんの少し入れるだけでも、どちらも香りますから最初は少量から始めてみましょう。妊婦さんにも使ってもらえますが、高濃度だと酔ったようになってしまうこともあるので注意してください。使うと魅力的な自分を演出できそうな香りです。

お肌への効果効能について お肌への効果効能について はコメントを受け付けていません。

私たちの毎日は、常にイライラとすることやムカムカとすることが、たくさん詰まっています。仕事の問題や人間関係の問題、家庭の問題や恋愛の問題などなど、抱えているものは人それぞれですが、みんな何かしらの不満や苛立ちを感じているでしょう。
そうした精神的な悩みが高じて、体にも負担が出てしまうことがあります。女性に特に表れやすいのが、お肌の異常です。ホルモンバランスが崩れると、すぐに症状が出やすいところですので、ホルモンバランスに体調を左右されやすい女性には、肌荒れは付き物なのかもしれません。
ですが、やはり顔や腕などは人に見られる部分ですので、常にキレイな状態でいたいものですね。これらの予防・改善にも効果があります。優しい香りは心を落ち着かせてくれる鎮静作用があり、皮膚を強くする作用もありますので、ぜひ試してみて下さい。
このオイルには、水分の蒸発を防ぐエモリエント効果もありますので、保湿にも大変優れています。皮膚の乾燥に困っている方でしたら、エモリエント効果の高いオイルを洗顔後、たっぷりと塗りマッサージすることで、潤いのある瑞々しい状態を保てるようになります。自然派の成分でできていますので、体にも安心です。

体への効果効能について 体への効果効能について はコメントを受け付けていません。

女性の身体は、生理や妊娠などを介してストレスを感じやすい環境におかれやすいものです。
特に生理は毎月ありますから、PMSや生理痛で毎月本当に憂鬱な気持ちになるという方が多いようです。
生理は女性にとって必要不可欠なものですが、そのたびに不快な症状に苛まれることが続くと、生理が来ること事態が大変なストレスになってしまいます。
この精油はそんな不快な症状を鎮めることができます。
リラックス効果が高く、女性としても魅力を高める効果があることで有名な精油ですが、実はホルモンバランスを整えるという作用も重要なのですね。
生理前になるとイライラしたり、気持ち悪くなったり肌荒れしたりということは、ホルモンバランスの崩れによって起きていることが多いので、ホルモンバランスが整えば解決しますね。
そしてリラックス効果によって緊張をほぐし、生理痛を軽減することもできます。
また、妊娠すると精神的に不安定になってしまうことが多いですね。
これもホルモンバランスの崩れが大きく関わっていることが多いので、この精油によってホルモンバランスを整え、リラックスさせることでマタニティブルーも鎮めることができるのです。
女性にとってはとくにおススメの精油というわけですね。

心への効果効能について 心への効果効能について はコメントを受け付けていません。

この香りは古くからインドで儀式に欠かせない香りとして活用されていました。それをムーア人により北アフリカやスペインに運ばれ、その後フランスでさまざまな種類が栽培されるようになりました。その種類は観賞用なども含め100種類ほどにものぼります。日本でも非常に人気の香りとなっています。
この香りはリラックス効果があり、心に対するよい作用を持っています。脳内麻薬といわれるエンファリンや快感ホルモンであるドーパミンの分泌を活性化させる作用があるので落ち込んだときなどに自信を取り戻してくれたり、多幸感をもたらせてくれる効果があります。不安感や無気力感を感じるときにも自信をつけてくれる香りとして利用されたりしています。
またこの香りは非常に魅惑的でもあるため、気分を高揚させてくれるパワーをもっています。かつては、人を官能的な気分にさせる効果もあることから媚薬として利用されていたこともあります。
その作用から神経の高ぶりやイライラした気分や緊張を静めてくれる効果も期待できます。神経疲労やストレスにも効果があります。そしてホルモンバランスも整えてくれるので月経前症候群や月経過多などの女性特有の生理生殖機能にもよい効果をもたらす働きがあります。

主な芳香成分について 主な芳香成分について はコメントを受け付けていません。

主な芳香成分になっている物質をご紹介します。

多く含まれているのが、酢酸ベンジルです。 これは、ベンジルアルコールと酢酸が縮合したエステルのことで、酢酸ベンジルは他の多くの花でもよくみられます。 例えば、イランイランやトベラ、クチナシなどです。 この物質自体が、甘い香りを持っていて、香水や化粧水などに使用されています。 また、シタハチ類のオスを誘引するフェロモンの一つといわれていて、研究のためにこのハチを捕まえるときの罠にも使用されています。

他には、プラスチックや樹脂、酢酸セルロース、酢酸エステルなどを溶かす溶媒として使用されていて、脂溶性が高くて皮膚に触れた場合は、脱脂を起こします。

フィトールは、天然に存在している直鎖状のジテルペンアルコールの一つで、ビタミンEやビタミンKの合成の前駆体として用いられています。 反芻動物では、植物体から摂取したクロロフィル由来で、胃腸内発酵を受けて、フィタン酸に変換され脂肪として貯蔵されます。 油の状態の液体では水には溶けないで、有機溶媒に溶けます。

ジャスモンは、植物ホルモン様物質です。 果実の熟化や、老化の促進、休眠打破などを誘導します。 傷害などのストレスに対応して合成されるので、環境ストレスへの耐性誘導ホルモンとしても知られています。

歴史について 歴史について はコメントを受け付けていません。

エッセンシャルオイルの歴史は10~11世紀頃が始まりといわれています。しかしそのオイルの抽出技術がなかった時代からオイルの原料そのものの香りや材料を使い古代エジプトの時代にはすでに様々な用途で使用されていました。
昔は神にまつわる儀式や・死者への弔い・病気の薬代わりとして神々しく利用されていた他、異性への媚薬でも活用されていたと記述が残っています。古代エジプト時代の残された壁画からは香りに関係する様々な道具が使用されていた絵が描かれています。
木で出来た軟膏入れや香水入れなども沢山発掘されており、ミイラ作りにも殺菌や腐敗防止の為に様々な芳香物質が使われていました。こうして生活そのものに自然の効能を取り入れた生活をしていた事が明らかになっています。
かの有名なクレオパトラも香りを上手く操り、沢山のバラの花を室内に敷き詰めたり、麝香と呼ばれる動物性香料も使用していたといいます。そのクレオパトラが身にまとった香りは様々な異性を虜にしたと伝えられ、ここから媚薬として活用されていた事が伺えます。そしてこの1000年後となる10~11世紀にやっと水蒸気蒸留法が確立され原料そのものを利用して効能を得る方法から濃縮したオイルを利用する方法へと変化を遂げていき現代に至ります。